<続>弟子屈ラーメン手稲店開店情報


15d489a7[1]今年も、夏の摩周湖を訪れる多くの人たちが弟子屈ラーメンに立ち寄ってくれました。東北海道の地図をよく見ると、弟子屈町を中心に道路が放射状に東西南北につながっていることがわかります。女満別空港が北に、釧路空港が南に、中標津空港が東にあります。どの空港からも1時間程度で弟子屈町に着くことが出来ます。私は「弟子屈ラーメン総本店はどうやって行けばいいの?」という問いに対して、摩周湖を目指して来てくださいといいます。本当に、こんな説明で迷うことなく今年の夏も多くの人が来てくれました。ありがとうございました。今年の7月17日には、北海道の人気情報テレビ番組「イチオシ!」で、「世界で一つだけの味」に選ばれ、放送されました。
bb1edd0f[1]弟子屈ラーメン総本店の夕景です。札幌とは10度以上の温度差があります。ラーメンを食べるには最適な環境です。美味しい摩周湖の伏流水や近郊に野菜や豚の生産者が沢山あります。ですから、弟子屈ラーメンは弟子屈総本店でしか、タレをつくりません。そのタレをまた必要とする店ができました。それが弟子屈ラーメン手稲店です。私、総本店の武田は、この手稲店の開店のため応援にきています。そしてちょうど、「世界で一つだけの味」が放送された7月17日から2ヵ月後の9月17日、またまたHTBの「イチオシ!」が、今度は手稲店から生中継というものすごいことをやっていただきました。
以下、その模様です。
6c7f6ef9[1]9月17日(水)大きな中継車が店の横に到着しました。12日のグランドオープンから6日目のことです。テレビの生中継というのは、驚くほど多くのスタッフさんがいて、カメラマンや照明の人、さらにディレクターや中継車の中では、ビデオを中継の間に入れたり、放送局が丸ごと引越ししてきたぐらいのかんじです。当日の放送は、番組ホームページでも紹介されています。ここで、紹介された「白湯塩ラーメン」の金額が間違って放送されました。弟子屈総本店の売価は700円です。札幌では手稲店だけしか食べられないのですが、総本店からタレや素材を送っているためコストアップになって、730円が手稲店の価格です。間違って放送されましたが、どうかご理解をお願いします。

40c38544[1] 78e37d17[1]

夏の間は、天野マネージャーが弟子屈総本店に応援に来てくれましたが、私も手稲店が順調にお客さまをお迎えできるようしばらく手稲店を応援します。明日の日曜日は、また好評な「朝市」が開かれます。注目は弟子屈町の隣の町清里町産の「ピュアホワイト」というフルーツのような「とうきび」です。しのだファームで作られています。清里も寒いところなので、札幌近郊より1ヶ月も出荷時期が遅いのです。糖度17度という驚異の甘さのとうきびを是非ご体験ください。ネットで購入もできます。ご注文はこちらです。http://ezostore.co.jp/SHOP/sp1.html
しのだファームのパンフレットも公開します。弟子屈ラーメン手稲店の朝市では今月は明日21日(日)と28日(日)、特別価格で販売します。お楽しみに!!

f2b6590c[1] 2959e6c2[1]

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>